自動車査定の時にあった方がいい記録簿

記録簿はきちんと管理しておくことが重要

インターネットなどで中古車を検索していると「記録簿」という言葉を目にすることがありますね。
これは何のことだかご存知ですか?

 

これは、正式名称を「定期点検整備記録簿」と読んでいます。
呼んで字のごとく、その車の点検や修理を行った記録が記載されている書類のことで、これがあるかないかによって車を買い取ってもらうときに大きな違いが出てくるものです。
車を点検や車検に出すと、整備業者は点検・修理・部品交換などの状況をこの記録簿に記入していきます。
これを見ることで、いつ、どの部分に不具合が出て、どんな修理をしたのか・部品を交換したのかがわかるようになっています。
ですから、これがあるということは、マイカーを大切に扱っていたという証拠にもなるわけですね。

 

記録簿は、必ずしもなければいけないものではありません。
また、自分で記録するものではないために、整備商社がきちんと記録していなかったり、記録簿そのものを紛失してしまっていることもよくあります。
しかし、前述の通り将来的な査定額に大きく左右されますから、きちんと管理しておくことが重要です。

 

>>自動車査定【高値で下取り!】高額買取おすすめサイトTOP5!に戻る